進撃の巨人研究所 感想・考察 

進撃の巨人の感想や考察です。

シガンシナ区決戦で、調査兵団は辛くもマーレの戦士達を退け、ウォール・マリアを奪還しました。
そして、そこから四年間の時間が経った訳ですが、ここでは現在判明、あるいは推測出来るパラディ島の変化を纏めていきたいと思います。

1、国という概念の定着
壁の中の人類は、壁内のみに人類が存在し、唯一の王のみが人類を統治するという世界観の中で生き続けていました。
ですが壁の外にも人類が普通に住んでいるとしり、ヒィズル国との接触を通して、国家という概念を知りました。

これはフロックの新生エルディア帝国という発言にも現れています。

パラディ島にとっての敵が意思の疎通が出来ない巨人から、人間へと変化するに当たり、一種のナショナリズムが芽生えているようですね。

2、技術の進歩
ヒィズル国や、義勇兵からの技術、兵器提供によりパラディ島の技術力も向上しているようです。
とは言え、まだ外部との接触を取り始めてから四年間。
まだ、ヒィズル国からの兵器の提供や、調査船に搭載されていた兵器の鹵獲に頼っているとは思いますが、銃器としてボルトアクションライフルを装備していたり、手榴弾のような武器を開発していたりと、軍事力の底上げは成されているようです。

3、兵団の改編
第107話でのピクシス司令の腕章などを見るに、まだ調査兵団、駐屯兵団、憲兵団、訓練兵団の四兵団編成という構造は変わっていないと思われます。
しかし壁内の巨人を排除したことで、壁に駐屯兵団を貼り付けておく必要性は無くなり、エルディア人収容区を襲撃した調査兵団にも、元駐屯兵団の兵士が参加していました。

ここから、調査兵団は主に対外戦闘を担当する兵団へと役割を変え、駐屯兵団の一部は壁の警備の重要性の低下に伴い調査兵団に編入、残りは防衛や憲兵団の補助的な役割を果たしているのでしょうか?
憲兵団は主な任務が治安維持なので、大きく形を変えずに存続していると思います。


今後の話では、現在のパラディ島について更に多くの事が語られることでしょう。




エルディア人収容区での戦いで、戦鎚の巨人が作り上げた長い柄を持つハンマーの威力は、エレンの両腕の硬質化ガードを軽く打ち抜き、進撃の巨人の頭を消し飛ばす程でした。
概算にはなりますが、角速度を用いてハンマーの威力を検証してみようと思います。

さて、高校物理では円運動における角速度ω=v/rで表されます。
r=回転半径
v=円周軌道上の速度

例えば、野球ボールを投げる運動を円運動と仮定した場合、成人男性の平均的な腕の長さr=0.74m
球速=100km/h=28m/sとすると

角速度ω=約38rad/sとなります。

これを人間が玉を投げる時の肩の角速度=ハンマーを振り下ろす時の角速度と仮定すると、戦鎚の巨人の右肩からハンマーの先端までの距離は恐らく23m程度なので

v=23×38=874m/s

ハンマーの先端は874m/sという結果になりました。

これは近代的な榴弾砲や高射砲の砲口初速に匹敵する速度です。
こんな速さで巨大なハンマーの先端が叩きつけられれば、流石にエレンの硬質化といえども、防ぎきれない筈ですね。




エルディア人収容区でパラディ島へと宣戦を布告したヴィリー・タイバーを、次の瞬間に襲撃したエレン。
マーレ軍の上層部、各国の要人を巻き込み、鮮烈な開戦の口火を切りました。

今回は、この行為によりパラディ島が得られたもの、そして失ったものを考察してきたいと思います。

得られたもの

1、ジークの身柄
真のエルディア復権派として、パラディ島へと働きかけていたジーク。
しかしマーレに一足先に潜入していたエレンでさえ、ジークと実際に会った描写が無いことから、マーレの戦士達への監視は非常に厳しいものがあったのでしょう。
収容区襲撃の混乱の中で、やっとジークのパラディ島への脱出が可能になった。
マーレの監視に隙を作る為だったとすれば、この襲撃の必要性は理解できます。

2、パラディ島の兵団の退路を断つ
ジークの寿命があと一年に迫った時点でさえ、一枚岩とは到底言えなかったパラディ島。
あくまでも和平の道を探る派閥と、新生エルディア帝国として武力を以て生存を図る派閥に分かれていたようです。
それがエレンの行動により強制的にとは言え、一つの方向性に纏まったのは事実です。
世界を敵に回した今、もはや兵団に残された活路は始祖の巨人の力しかありません。

3、地ならしの発動
始祖の巨人を継承するエレンと、王族の巨人であるジークが揃うことで、壁に潜む幾千万の巨人で世界を踏み潰す地ならしの発動条件が整いました。
これは現時点では間違い無く、世界最強の兵器となります。 本当に地ならしを運用出来るのなら、時間を稼ぐには十分過ぎる力と言えるでしょう。

失ったもの

1、和平への道
アルミンが主張していたような、話し合いによる和平の道。
大陸の国家の反エルディア人感情、エルディア人の巨人化という能力を考えると、可能性は低かったでしょうが、襲撃前は僅かながらその道も閉ざされてはいなかったかも知れません。
ですが、エレンが世界各国の要人を殺害した今、全世界は間違い無くパラディ島の敵に回りました。
エレンとしては、あえて和平の道を完全に断つことで、兵団をジークの案に乗るしかない方向に誘導したかったのだと思います。

2、調査兵団員の生命
マーレ軍との衝突により、調査兵団もサシャを含む複数の団員を失いました。
自分の選択で、同期で長い間、共に戦ってきたサシャを失い、しかし自分の選択の結果である以上、泣くわけにはいかないエレンの心情は、あの笑いに出ていましたね。


纏めると今回パラディ島は、和平への道を捨て、戦える力を得る事を選択しました。
アルミンは『何も捨てることが出来ない人には何も変えることが出来ないだろう』と言っていましたが、これは進撃の巨人という作品を通して語られるテーマのように思います。

エレンが捨て、そして選んだものは、どのような結末を齎すのでしょうか。

↑このページのトップヘ